予防接種前の脱毛の施術は期間を開けないとNGな理由とは

最近、CMや雑誌などでも多く取り上げられていることによって脱毛の施術は一般的となってます。また、この冬の季節にはインフルエンザが流行っていることから予防接種を受ける人も多いと思います。ここで予防接種前の脱毛の施術は一般的にNGである事を知っているでしょうか?予防接種後の脱毛の施術は体にワクチンとはいえ病原体を入れていることから、体の弱っている状態での脱毛はできないという事を理解できる人も多いと思います。しかし、予防接種前なら脱毛をしても大して影響のないと思う人も多いと思います。そこで今回は、なぜ予防接種前の脱毛の施術は控えたほうが良いのかについて紹介します。予防接種前に脱毛を控えたほうが良い理由として最も挙げられるのは、肌トラブルを引き起こしやすくなるからというものです。脱毛の施術を行った後は毛穴が開いた状態で細菌も侵入しやすく肌トラブルを含めて病気への抵抗性が一時低下します。その状態で予防接種のためのワクチンとはいえ、病原体を体に入れるという事はさらに体の抵抗性を弱めることになります。そのため、より細菌への感染抵抗性を低くしてしまうとともに、インフルエンザの予防接種では肌の腫れを伴うためより肌トラブルを悪化させる恐れがあります。そのため予防接種前の脱毛はNGとされています。